一人暮らしや単身赴任の短期利用にもおすすめ!家具・家電レンタルサービスを行っている会社を厳選し、ランキング形式で紹介します!

広島でおすすめの家具・家電レンタル会社3選

瀬戸内海に面する広島県は、気候が温暖で住みやすいエリアです。観光資源も豊富で多くの観光客が訪れています。大学の進学に伴って広島県に引っ越してくる方もいますが、そのまま気に入って広島に住むことを選ぶ人も少なくありません。短期間だけ住んだ後に引っ越しの可能性がある場合には、家具や家電はレンタルすると便利です。

かしてどっとこむ

【詳細】
会社名:株式会社サークランド
住所[本社]:東京都江戸川区中葛西7-29-3
TEL:0120-97-8249
受付時間:9:00〜18:00(⽇曜・祝⽇除く)

最近は春の時期に「引っ越し難民」になる方がいます。引っ越し難民とは、引っ越しをしたいけれども業者が見つからない方や、金額が高すぎて頼めないという方のことです。春は進学や就職で人の移動が多い時期ですが、例え車でも自分で家具や家電を持っての移動は大変です。

移動を楽にする一つの選択肢として、家具・家電レンタルという方法があります。かしてどっとこむは最大級の品揃えを誇っており、シングルの家具だけでなく、夫婦や家族でも人数に合わせた家具家電を選ぶことができます。さらに、レンタル後にサイズが合わないなどのトラブルが発生した場合には変更が可能なので安心です。

値段をできる限り抑えたいのであれば、中古家電を選ぶこともできます。中古家電を4点セット、冷蔵庫と洗濯機、電子レンジ、テレビを2年間借りた場合、1日あたりの価格は約87円になります。期間が限定されている大学生や短大生はレンタルで充分な場合も多いでしょう。

全国への配達が可能なため、北海道でも広島でも鹿児島でも問題ありません。専門スタッフが設置もしてくれるため、機械が苦手な人でも安心です。さらに修理や交換も無料で実施してくれるので、レンタルしている間は心配せずに利用できます。

レンタルする場合は一点から選ぶことが可能となっており、最低30日から利用できるので、まずはお試しに一つ借りてみるのもよいでしょう。今は家電を捨てる時もリサイクル料がかかるため気軽に購入することもためらわれます。住む場所が落ち着くまではレンタルで様子をみてもよいかもしれません。

レンタルキング

【詳細】
会社名:RIG株式会社
住所[本社]:名古屋市守山区向台2丁目2001番地
TEL:0120-775-895

家具・家電レンタルを利用する際には、業者によって料金がわかりにくい場合がありますが、レンタルキングはとても明確な料金体系を採用しているためそのようなことがありません。消費税や送料、設置まで料金に含まれているので計算が簡単です。

レンタルの場合は1日あたりで計算しますが、短期であればレンタルが断然お得で便利です。二泊三日から借りることができるので、例えば、急なお客さんが来た時に必要なものを借りるという使い方も可能になります。

レンタルというと古い、汚いというマイナスイメージがあるかもしれませんが、実際はそのようなことはありません。すべて製造から5年以内の商品で、しっかりメンテナンスされているため安心して使うことができます。

自社配送エリアであれば、配送、設置、梱包までしっかりしてくれるので安心です。全国配送に対応しているため、気軽に利用できることも魅力でしょう。もし利用期間中に故障した場合でも、無料で修理もしくは交換してくれるのでその点も安心です。

大学や専門学校への進学や就職、単身赴任の方は、生活の変化が絶えずあります。引っ越しするたびに全ての家具や家電を持っていくのは大変ですし、新しく購入するのもコストがかかるでしょう。そのように考えると、家具・家電レンタルを利用することは賢い選択といえるはずです。

特に最近では春の時期の引っ越し料金が高騰しているため、業者を探すのも大変です。身軽に引っ越しするために家具・家電レンタルの利用も一考してみるとよいでしょう。

アムスなんでもリース株式会社

【詳細】
会社名:アムスなんでもリース株式会社
住所:東京都豊島区東池袋1-15-12 アムスビル 6階
TEL:03-5958-0088
受付時間:9:30~18:00

最近ではコロナの影響でリモートワークをする人が増えています。企業によっては事務所の移転や縮小を考えて、すでに実行しているところも少なくありません。事務所が必要かどうか、必要であれば何をどれほど揃えるかで初期費用が変わってきますが、先が読めない時勢のため、頭を悩ませるところでしょう。

初期費用を少しでも安くしたいのであれば、リースやレンタルという選択肢があります。アムスなんでもリース株式会社では、最短1日からレンタルすることが可能です。新品と中古ではレンタル料金に2倍から3倍の値段の開きがあるので、費用を抑えたい場合に中古を選ぶことができるのも魅力です。

オフィス家具であれば家電のような故障や使用感は感じることはほとんどないため、中古でも十分でしょう。特に、起業したばかりの期間から1年目程度までまど利益を確保しにくい時期は、家具・家電レンタルは強い味方になります。

注意点としては、長期のレンタルになると逆にコストが上がってしまうため、どのくらいの期間必要になるかを見極めた上でレンタルすることが大切です。2年以上使用する必要があるかどうかが、レンタルと購入のどちらがお得かのボーダーラインになることが多いです。

また、急な来客などで布団が必要になった時なども利用が可能のため、仕事以外の場面でも便利に利用できます。新しい家電や家具を買うと購入費用がかかるだけでなく、処分する時にも手間や費用がかかるため、レンタルやリースをしてくれる会社を利用することで費用や時間を節約することができるでしょう。全国どこでも利用できるので便利です。

 

モノが豊富な時代に生活していますが、モノを大事にする上で、レンタルを利用するというのはとてもエコな行動であるだけでなく、経済的にもメリットがあります。マイホームを購入してから落ち着くまではレンタルを利用し、気に入った家電や家具を購入してからレンタルをやめるという方法もあるので、もっと気軽に利用を考えてもよいかもしれません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
【エリア別】家具・家電レンタル会社3選