一人暮らしや単身赴任の短期利用にもおすすめ!家具・家電レンタルサービスを行っている会社を厳選し、ランキング形式で紹介します!

家具・家電をレンタルするメリット・デメリット

家具・家電をレンタルすることにどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

もちろん、状況や使用期間の長さによっては、わざわざレンタルをしなくても購入した方が安い・便利ということもあります。現在、レンタルをしようか迷われている方はぜひ参考になさってください。

メリット

引越し時に処分費用と手間がかからない

引越しの多い方にとって、毎回の引っ越し代とともに負担となるのが「家具・家電の処分費用」ではないでしょうか。大型家具や電化製品などは処分の際、別途費用がかかることもあります。

また、所定の場所まで持って行かなければならなかったりなど、手間がかかることもしばしば……。レンタルならそうした処分費用や手間がかかりません。

さらに新しく家具・家電を購入し直す必要もないのです。レンタルなら50Hz地域→60Hz地域、60Hz地域→50Hz地域の引越しにも柔軟に対応できて便利です。

配送、撤去、メンテナンスが無料もしくは低価格で済む

配送、撤去、メンテナンスにかかる費用をすべて負担してくれるレンタル会社がほとんど。そのため、利用料のみですぐに生活を始められます

※一部地域では配送料が有料になる場合があります。

レンタル期間中に壊れてしまった場合も無料で修理・交換に対応してもらえます。

欲しくなったら買取可能

レンタルしていたものに愛着が湧いてしまったり、使い心地が良くて手放したくなくなったりしたとき、レンタル会社が買取に応じてくれることもあります。契約期間終了後もしくは契約期間中でも、問い合わせすればOKです。

もしレンタル中に購入する場合、残りのレンタル期間の料金を支払えば購入できることが多いですが、詳しくは各レンタル会社に問い合わせると確実です。

また、レンタルは使い心地が悪ければ契約終了後に返却するだけで良いので、高額な家具・家電を購入するよりも気軽です。家具・家電を購入する前の「お試し用」としてレンタルを利用してみるのも悪くないかもしれません。

省スペースに貢献

一定期間しか使わない大型家具、特にこたつや扇風機などの季節家電はワンシーズンしか使わないにもかかわらず、片付けてもある程度場所を取ってしまいますよね。ワンルームなどの一人暮らしの家や、もともと収納スペースが乏しい家では切実な問題です。

そんなとき、必要な期間分だけ必要なものをレンタルすると、ものにスペースを取られることなく快適に生活できます。

デメリット

長期間の利用は逆に高くなる

レンタルするときに一番気をつけたいポイントですね。本来、レンタルするほとんどの方は「短期間しか使わないから安く抑えたい」というのが目的のはず!

長期間借りたり、何度も同じものをレンタルしたりすると購入額より高くなってしまう可能性があるので、よく計算しておく必要があります。使用頻度や期間など、状況に合わせてレンタルするか購入するか決めたほうが良さそうです。

希望通りのデザインや色の指定はできない

残念ながら、デザインや色を好みのものに指定するのは難しいことです。そのため、家具・家電で部屋のインテリアや好みの雰囲気に合わせたい方には不便な点と言えます。

ただし最近は、そうした要望に応えるため、同じメーカーの商品でもデザイン違いや色違いのものなどを積極的に用意しているレンタル会社もあります。

まとめ

レンタルサービスの最大の魅力は「必要なものを必要な分だけ、最低限の費用で利用できる」という点に尽きると思います。長期間のレンタルや、何度もレンタルするなどしていると、実際の購入額よりも高くついてしまうことがあるので注意しましょう!

レンタルサービスを賢く使って、快適な暮らしを手に入れたいものですね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
【エリア別】家具・家電レンタル会社3選